[iOS14]圧倒的にオススメな「Siriからの提案」ウィジェットの使い方

Pocket

こんにちは、さくまごめ(@sakumagome)です。

iOS14で可能となった「ウィジェットのホーム画面配置」。AndroidOSでは大昔からできた機能ですが、ついにiOS端末でもウィジェットをホーム画面に配置できるようになり、ホーム画面のカスタマイズ性が高まりました。

Apple純正のウィジェットからサードパーティー製のものまで既に多くが存在していますが、今回は僕が圧倒的にオススメする、地味だけど超便利なウィジェットを紹介します。

「Siriからの提案」ウィジェット

下の画像は僕のiPhone12miniのホーム画面です。

一見なんの変哲もない(昔ながらの?)ホーム画面ですが、実は下2段分はウィジェットを配置しているんです。

このウィジェットが今回紹介する「Siriからの提案」ウィジェットです。以下ではウィジェットの登録の仕方とおすすめの使い方を紹介していきます

ウィジェットの追加方法

このアプリはiOS標準のアシスタントツール「Siri」の機能の一部なので、特にアプリをインストールする必要はなく、iOS14以降のiPhoneであれば利用することが出来ます。

ホーム画面の空きスペースを長押しし、左上の「+」を押すとウィジェットを新規追加できますが、その中に「Siriからの提案」ウィジェットがあります。(ウィジェットのプレビュー表示ではなく、下の方のリストの中にある可能性もあります。)

「Siriからの提案」ウィジェットにもいくつか種類があるのですが、僕が特におすすめしたいのがこの「おすすめのApp」ウィジェットです。

これを長押し、もしくは「ウィジェットを追加」ボタンを押すことて、ホーム画面のよき所に配置することができます。

ホーム画面の編集中では以下のような表示ですが、

編集が終了すると、他のアプリアイコンとまったく同じ表示になります。アプリが4×2段並んでいるような感じですね。(よく見ると、アプリ名の文字の色が異なります)

おすすめの使い方

実はこのSiriがよく使うアプリをサジェストしてくれる機能は、以前よりSpotlightの画面で使えていました。それがiOS14のウィジェットのホーム画面配置の対応により、ホーム画面に配置して使えるようになったという感じですね。

僕は、ホーム画面の1面目の下2段をこのウィジェットにしています。

こうすることで、よく使用するアプリはほとんど1面目から動くことなく、「1面目の上部に置いているアイコン または Siriからの提案ウィジェット または Dockにおいてあるアイコン」から起動できます。

このウィジェットの素晴らしいところは、iPhoneのホーム画面のまとまりを損なわないデザインであること。そして、Siriのサジェストが普通に有能であること。

また、ホーム画面に配置した場合、そのウィジェットがある面に配置されているアプリはサジェストしないようになっています。つまり、同じ面にTwitterのアプリがあった場合、ウィジェットにはTwitterアプリはサジェストされないということです。この仕様は細かい点ながら非常に良く出来ていると思います。

まとめ

今回は、「Siriからの提案」ウィジェットの紹介でした。

やはり、iOSのUIはシンプルかつ整っていて美しいです。そんな良いところも活かしつつ、便利なウィジェットです。ウィジェット自体はandroid OSに昔からあった機能ですが、ホーム画面に溶け込むデザイン性や、スマートスタックなどといった便利な純正ウィジェットなど、さすがAppleのクオリティだなと思います。

年々、iPhoneのソフト的なカスタマイズ性は高まっています。自分好みのカスタマイズをして、より便利にiPhoneを使っていけたら良いと思います。

以上、さくまごめでした。