[長期レビュー]iPhone12miniは最高の小型ハイエンドスマホでした!

Pocket

こんにちは、さくまごめ(@sakumagome)です。

2020年11月発売の小型iPhone「iPhone 12 mini」、世界的にはAppleの当初の見込みよりも売れていないとの噂ですが、購入して数カ月間使ってきたところ僕にとっては最高のスマートフォンでした!

iPhone12シリーズの概要

2020年もiPhoneはスゴかった!

例年9月のイベントで新型モデルのiPhoneが発表され、発売する流れとなっていたAppleですが、2020年は例の感染症の影響によりスケジュールに遅れが出たためか、10月に発表・10月〜11月に発表となりました。

機種の概要については後に詳しくまとめますが、結果から言うとiPhone12シリーズ全体での売り上げは非常に好調で、それに後押しされてか2020年第4クオーターでは世界のスマートフォンシェアでAppleが数年ぶりに首位に立つなど、今年もiPhoneはスゴかった!という感じでございます。

iPhone12は全部で4機種

2020年のiPhoneは、過去最多となる4機種構成となりました。

値段の安い順に、「iPhone 12 mini」「iPhone 12」「iPhone 12 Pro」「iPhone 12 Pro Max」となりました。「iPhone12(以降、便宜上「無印」と呼ぶことにします。)」「Pro」「Pro Max」は2019年のiPhone11シリーズにもあったラインナップですが、今回「12 mini」の追加で小型版が新たにラインナップされたことになります。

仕上げ・カラバリについてはmini/無印で共通・Pro/ProMaxで共通となっています。mini/無印に5色(白・黒・青・緑・赤)・Pro/ProMaxに4色(黒・銀・金・青)のラインナップがあります。なお、11シリーズまでと同じ名称の名前でも、今作より色味が変わっているものもあります(グリーン・Product REDなど)ので、購入を検討されている方はご注意ください!

ディスプレイとサイズについて

全4機種となった12シリーズですが、実はサイズは3種類で、純正ケースも3種類しか出ておりません。

iPhone12無印と、iPhone12Proは6.1インチとディスプレイのサイズが同じで、さらには筐体のサイズも同じとなっており、ケースは共用可能となっているんですよね。

実は今作から無印の画面が液晶からProシリーズと同等のOLED(有機EL)ディスプレイになり、より高コントラスト・高精細で綺麗な画面となっています(miniも同様)。それに伴ってベゼルが狭小化し、同じ画面サイズながら本体サイズはひと回り小さくなりました。逆にかつて5.8インチだったProシリーズも、ベゼルはより狭小になりながらも本体サイズも少し大きくなり、6.1インチのサイズとなりました。

また、小型化に伴って無印ラインはXR/11無印が200g越えの重量級だったのに対して、162gにまで軽量化しました。

そしてさらに、5.4インチの小型端末「iPhone 12 mini」が加わったという形ですね。

シリーズ全体の特徴/スペック

まず、iPhone12シリーズ全体の新しい目玉機能は、5Gに対応したことです。

日本では5Gのサービス開始から1年以上が経ちますが、最近になって街ナカでは5Gの表示を見る機会が増えてきました。

まだまだ未対応エリアも多いですが、下手なWi-Fiよりもよっぽど早い通信速度を叩き出せるので、さらなる普及が待ち遠しいばかりです。

外観としては、おおむね11シリーズと同様ですが、iPhone6より続いていた丸みを帯びたデザインから、iPhone5sの頃のような角張ったデザインに変更となりました。フロントパネルの湾曲もなくなりましたね。

SoC(CPU)は最新のApple A14 Bionicチップを搭載しており、スマートフォンとしては最強レベルの性能を誇ります。

また、MagSafeと呼ばれる規格に対応しました。これにより、専用の充電器をiPhoneの背面に磁石で吸着させることにより最大15WでLightningコネクタを使うことなく充電が可能です。MagSafeはQi規格と互換性があるので、一般的なQi充電器でも充電することはできますが、本体と専用の充電器が磁石で吸着することで、「位置がズレていて充電できてなかった!」という事態が防げるわけですね。

この辺には、充電コネクタを廃止した「完全コネクタレスiPhone」の実現を目指すAppleの野望が見え隠れするのかなぁ、という感じです。

また、MagSafeは充電だけでなく、磁石を利用してアクセサリ類を取り付けることもできます。Apple公式に、本革製カードケース「Leather Wallet」がリリースされている他、サードパーティー製で背面に取り付ける折りたたみスタンドやモバイルバッテリーもリリースされています。

恒例となっているAppleの純正ケース(Leather・Silicon・clear)には本体に合わせて磁石が埋め込まれており、充電やアクセサリの取り付けを裸のときと同様の磁力で取り付けることができます。なお、薄手のケースであればケース越しでも磁力は十分はたらく感じですね。

また、全モデルともに速度・精度・安全性すべてトップクラスのFace IDを搭載しています。

良かった点

見た目・デザイン・サイズ

結論から言うと、5.4インチディスプレイのこのサイズ、最高です

ディスプレイサイズはiPhoneSE(第2世代)やiPhone8などの4.7インチサイズのiPhoneより大きい(8Plusとほぼ同サイズ)ながらも、ホームボタンを廃したフルディスプレイデザインにより、本体サイズは小さくなっています。

片手にすっぽりおさまり、片手操作もラクラクなこのサイズ感。重量わずか133gの軽量ボディ。待ちわびていた人も多かったのではないでしょうか?

7〜8年前までは、同世代のAndroid端末に比べてiPhoneは小型でコンパクトというイメージがありましたが、その頃のiPhoneが戻ってきたような感じですね。

デザインに関しては、好みが分かれる部分だとは思いますが、iPhone5sまでのようなこの角張ったデザイン、僕はとても好みです。カラーバリエーションもポップながら安っぽさを全く感じさせず、非常に良い感じだと思います!

表示領域は消して小さくない

小型端末のiPhone 12 miniですが、6インチクラスのiPhoneと比べて、表示領域はほとんど変わらず、一度に表示できる情報量は決して少なくありません

iPhoneってもともと縦横比を意識してデザインされているんだろうなぁ、っていうのもそうですが、iPhone12miniは”相似的”に全体的にギュッと縮小されている感じなんですよね。

老眼がキビシイ!っていう方には辛いものがあるかもしれませんが、小型の端末を求めている人には非常にオススメできるスマートフォンです。

スピーカー性能の高さ

iPhone7でステレオスピーカーに対応して以降、内蔵スピーカーの進化が凄まじいiPhoneですが、iPhone12miniの内蔵スピーカーも結構いい音がします。

シャカシャカもしすぎず、低音もしっかり出てくれるので、ちょっと音楽を流したり、動画を見たりする程度なら十分すぎるクオリティだと思いました。

iPhoneX等の過去のiPhoneと比べても大幅に進化していますし、僕が持っているスマートフォンの中ではトップクラスの音質です。

但し、iPhone12(無印)や12Proといった筐体の大きいiPhoneに比べると多少劣る印象はあります。

MagSafeに無限の可能性を感じる

これはシリーズ全体に言えることではありますが、今作からの新規格”MagSafe”はこの先がすごい楽しみなところではあります。

iPhoneはiPhone8/X以降にQiによるワイヤレス充電に対応し、その頃から「充電コネクタの廃止」への野望が見え隠れしているのではないかと予想する人も多くいました。個人的には、Qi充電だけになるのは不便だなぁと思っていたのですが、Magsafeによって背面にくっつけられるようになるのであれば、まぁコネクタ廃止もアリなのかなぁ、と思うところではあります。

また、MagSafe対応商品は今は多くないものの、背面にくっつけるだけで充電できるモバイルバッテリーはとても便利だと思いますし、まだ対応はしていませんが、AirPodsが背面に吸着してiPhoneから給電できるようになればとっても便利だなぁ、と思っています。

とにかく、MagSafeには無限の可能性を感じ、この先の発展にとてもワクワクさせられます。

Leather Walletのフィット感

Apple純正のMagSafe対応アクセサリ、「Leather Wallet」ですが、この製品はおそらく横幅がiPhone 12 miniに合わせて設計されていると思われて、iPhone 12 miniに装着すると横幅や角のR部分がピッタリになります。(笑)

もちろん12無印やProシリーズにつけても調和するデザインになっているのですが、12miniに付けたときのこのフィット感が僕は大好きです。

本革製なのでお高いのは難点でもありますが、クレジットカードへ磁石が影響しないようにシールドされていたり、カードを1枚だけ入れたときにスポスポ抜けたりしないように設計されていて、とてもオススメの商品です。iPhone 12 miniを購入される方はぜひ合わせて検討してみてはいかがでしょうか?

微妙だった点

1台で完結させるには微妙なサイズ感かも

先程、良かった点で述べたことと相反することではありますが、そもそも小さいスマートフォンを求めていない人には12無印のほうがオススメできます。

僕なんかはスマートフォンを何台も持っていて、iPadやMacも使っていますが、まぁ世の中そういう人ばっかりではないのもまた事実です。スマートフォンで動画を見たり、何もかもする人にとっては、多少大きな画面で各種コンテンツを楽しむことができるので、スマホ1台で完結させたい人には6インチクラスの12無印やProのほうがバランスの良い大きさなのかなと思います。

12無印も11無印から大幅な軽量化に成功しているので、検討の余地はあると思います。

電池持ちがあまり良くない

小型軽量端末のiPhone12miniですが、バッテリ容量は2227mAhと、近年のスマートフォンの中ではかなり控えめな容量となっています。

iPhoneはもともと大容量の電池をドカッ!と搭載するよりは、少ないバッテリ容量を効率よく使っていくようなコンセプトになっている感じはあり、他社スマートフォンと比べるとかなり電池効率は良いです。また、今作からはSoC(A14Bionic)は5nmプロセスになっていたり、12miniは画面も小さいので容量の割には電池は持つ方ではあり、日常生活で極端に困るほどではありません。

しかしながら、僕の使っている印象では筐体の大きな12Proと比べると、12miniは使っていくとモリモリ減っていく印象があるので、電池持ちを最重要視される方にはイマイチかもしれません。

USB-Cと指紋認証問題

iPhone12シリーズの発表の際、スマホに詳しい人たち(ガジェット界隈)で期待されていたのが、「充電コネクタのUSB-C化」と「指紋認証(TouchID)」の復活でした。結論から言うと、mini含めiPhone12シリーズではそのどちらも叶いませんでしたね。

iPadやMacと違いコネクタでデータ転送を行うことがほぼないiPhoneでは引き続きLightning端子となりましたが、MagSafeの対応もあり個人的には完全コネクタレス化に舵を切っている気がして、今更USB-Cにされてもなぁ、という感じではあります。昨今の社会情勢の中、マスクを外したくないので指紋認証が欲しいという声も少なからず存在しますが、iPhone12シリーズの開発は感染症拡大前から始まっていたと思うので、仕方のない部分ではあります。

蓋を開けてみればiPhone12シリーズは全体的に好調な売れ行きなので、一般的にはUSB-Cも指紋認証もそこまで大きな問題にはなっていないと思うのですが、この2つを切望していた人にとってはイマイチポイントだと思います。

どうしても指紋認証がよければ、低価格で高性能なiPhoneSEもラインナップにありますし、将来的にTouchIDが復活するとの噂もあります。個人的には顔認証と指紋認証を両方搭載している端末の多くは未だにUIに未完成な部分があると思っているので、もしTouchIDが復活するのであればAppleがどのようなUIで実装してくるのか、楽しみな部分でもあります。

それにしてもFaceID、多くのAndroid端末で採用されているインカメラ顔認証に比べて、速度・精度・安全性ともにずば抜けて良いので、結構好きな機能ではあるんですが・・・

120Hz非対応

2020年のハイエンドスマートフォンのトレンドの一つが、120Hzのリフレッシュレートに対応したディスプレイの搭載でした。

リフレッシュレートとは1秒間に画面を書き換える速度のことで、通常のスマートフォンでは60Hz(1秒間に60回)となっているのに対し、それを倍の120Hzとすることでヌルヌルした画面推移をすることができ、疲れ目対策やFPSゲーム等で有利になります。

iPadでは2017年モデルのiPad Proより”Pro Motion Display”として搭載されているこの機能ですが、iPhoneでは今年も採用されませんでした。

iPhoneはもともとOSも軽量で、アニメーションも軽快に動くので、60Hzだからといってストレスを感じるとかでは全く無いですが、120Hzディスプレイを期待されていた方にとっては残念ポイントだと思います。

高リフレッシュレートでディスプレイを駆動させるとどうしてもバッテリーの持ちが悪くなるので、その点がまだ解決できていないのかな、という感じですね。

僕もiPadで120Hzディスプレイを使っていますが、一番恩恵を感じるのは手書きをするとき(ペン先の追従性)なので、iPhoneに必要かと言われると微妙な部分ではありますが、ヌルヌル動くディスプレイはユーザーエクスペリエンス的に最高なので、今後採用されるのかが楽しみなところです。

まとめ

いかがでしょうか? 小型ながらも、全てがiPhoneクオリティ。まさに、ミニなのはサイズだけと言わんばかりの、最新ハイエンドスマートフォンです。

値段は8万円超えで安い端末ではないですが、僕もずっとメイン回線のSIMカードを挿して使っているくらいお気に入りの端末で、高性能だけど小型なスマートフォンがほしい!という方に、全力でオススメしたいiPhoneだと思います。

以上、さくまごめでした。

動画でも紹介しています↓