[iOS]「現像」を待つフィルムカメラ風アプリ”Dispo”が面白い!

Pocket

こんにちは、さくまごめ(@sakumagome)です。

「写ルンです」をはじめとする、使い捨てカメラ(またの名を”レンズ付きフィルム”)覚えていますか? スマートフォンで簡単にきれいな写真を取れるようになったからこそ、昔のようにフィルムカメラのようなアナログチックな写真を取ってみませんか?そんなアプリ、”Dipso“のご紹介です。

使い捨て風カメラアプリ

今回ご紹介するアプリはこちら。「Dipso」はiPhone向けアプリケーションで、AppStoreからダウンロードできます。

Download on the App Store

実はこのアプリにはSNS機能もついていて、アカウント登録をすれば撮った写真をシェアすることも可能となっています。

さながらフィルムカメラ!

フィルムカメラで写真を取るには、まずフィルムをセットしないといけませんよね。

まず、新しいフィルムを設定します。この段階で、撮った写真を公開するか非公開にするかを選択できます。

フィルムをセットしたら、ファインダーを覗いて写真を撮ります。

このあたりのインターフェースはさながらフィルムカメラ。懐かしい気持ちになります。

現像されるのを待ちましょう。

フィルムカメラ(風)アプリですから、撮った写真をすぐ確認なんてできませんよ?

写真は、現像されるのを待つ必要があります。

写真を撮ったあと翌朝の9時になると、「現像」されてアプリ内から写真を見ることができるようになるようです。

懐かしいですよね、この感じ。

作例

dipsoで手元のiPhone12Proを撮ってみました。

ひと昔前の、フィルムカメラや使い捨てカメラのような写りになっているのがわかると思います。

まとめ

以上、フィルムカメラ風アプリ「dipso」のご紹介でした。

スマホで手軽にきれいな写真を撮ることができ、加工してすぐSNSに投稿することが可能となった今こそ、昔のようにフィルムをセットして一発勝負で写真を撮り、現像されるのを心待ちにするのを楽しむ。そんな体験をしてみてはいかがでしょうか?

Download on the App Store

以上、さくまごめでした。